オール電化なら日本eリモデルにお任せ下さい。

  1. リーモ・デールの森づくり
  2. 社会貢献活動
  3. ホーム

社会貢献活動

リーモ・デールの森づくり

環境保全第7回リーモ・デールの森づくり活動(2017年5月17日)

2017年5月17日(水)に、第7回目となるリーモ・デールの森づくり活動を行ってまいりました。
初参加者4名を含む今回の活動では、まず経験者が道具の使い方をレクチャーした後、昨年11月の活動から変化がないか、活動地内をぐるっと見て回りました。
その結果、登山道沿いに、「もちつつじ」が可憐な花を咲かせているのを見つけました!この「もちつつじ」は、春から初夏に花を咲かせるため、前回の活動時に、常緑樹にも関わらず伐採せずに残したものです。初夏を迎えたリーモデールの森は、活き活きとした新緑に包まれていますが、その中でも、「もちつつじ」のピンク色の花びらは、ひときわ小さくてもよく映えていました。ここを通ったハイカーの方も、「もちつつじ」の可憐な美しさに、ひととき疲れを忘れたかもしれません。
また、以前植樹した桜の木の支柱が倒れていたため、すぐに支柱を起こし、打ち直しました。支柱に引っ張られ、桜の木も倒れかかっていましたが、このような状況でも幸いなことに桜の木は順調に成長しており、ほっと一安心です。この桜の木は、まだ高さも低く、幹も細いですが、これから大きく根を張り、大雨の時には土砂災害の低減に貢献できる1本になってくれることを願います。
階段づくりでは、斜面が急すぎてこれまで作業しにくかった場所についに手を入れました。地面を平らにならす作業は、両脇の土を大きく削る必要があり、また途中で木の根っこにより鍬(クワ)が阻まれたため、斜面の緩い場所よりも時間が掛かりましたが、皆で力を合わせ無事に完成させることができました。これで今後より安全に活動ができそうです。
これからも地域社会に貢献できるよう、継続的に活動を行ってまいります。

第7回リーモ・デールの森づくり活動当社は、女性が活躍している企業として新聞などで取り上げられており、リーモデールの森でも女性社員も積極的に活動しています。当社が掲載された新聞記事は、こちら。これからも、地域の皆様のお役に立てる森づくりを目指します。

環境保全第6回リーモ・デールの森づくり活動(2016年11月16日)

2016年11月16日(水)に、第6回目となるリーモ・デールの森づくり活動を行ってまいりました。
今回は、数年ぶりに、森づくりのプロである「森の世話人事務局」の方にリーモデールの森に足を運んでいただき、森づくりについてご指導いただきました。
これにより、森づくりについて新たに発見があり、リーモデールの森づくりの方向性にも変化がありました。
それは、「登山道を通るハイカーのための森づくり」というテーマです。
実はリーモデールの森は、数十メートルにわたって登山道に面しています。これまでは、登山道から少し入った場所で、下草刈りや階段づくり、植樹などを行っておりましたので、残念ながら活動場所がハイカーの目に触れる機会はほとんどありませんでした。
今回は、登山道に沿って下草を刈り、常緑樹を伐採しましたので、登山道がスッキリとし、 なかなか景観を良くすることができたのではないでしょうか。
ちなみに、伐採の際には、常緑樹であっても、“もちつつじ”の木は、春から初夏に花を咲かせるため残すことになりました。
なぜ“もちつつじ”という名前なのかというと、花の“がく”がモチモチとしているからだそうです。
次回の活動は、ちょうど春から初夏の間で予定しています。 咲き誇る“もちつつじ”を見ることができるでしょうか…。春がくるのが待ち遠しいです。
また、これまでの活動で作ってきた階段づくりの手法を応用し、登山道の侵食を防ぐためのガード作りも行いました。
伐採した1mほどの常緑樹の幹を道の端に置き、外側を支える杭を数本打ち込み、その後、上に下草を重ね、押し固めて完成です。
下草で幹や杭が隠れるため、登山道を通るだけではガードは見えませんが、縁の下の力持ちとして、 少しでも土砂崩れの防止につながればと願っています。
活動中、数名のハイカーの方とすれ違いました。皆さん、笑顔であいさつを返してくださる、素敵な方達です。
今後も、地域社会に貢献できるよう、ハイカーの皆さんの安全を守りながら、楽しくハイキングしていただける 森づくりを進めていきたいと思います。

第6回リーモ・デールの森づくり活動

環境保全第5回リーモ・デールの森づくり活動(2016年3月23日)

2016年3月23日(水)に、第5回目の森づくり活動を実施してきました。
快晴の爽やか陽気の中、新入社員5名を加えた16名のメンバーで、下草刈りの後、クリノキの植樹と階段づくりに汗を流してきました。
新入社員を加えての活動は今回が初めてで、本活動を通じて、「これから共に切磋琢磨していく同期の仲間との親睦を深めてもらいたい」、「また当社の取り組みをいち早く体感して社会貢献への理解を深めてもらいたい」という想いがありました。
そんな中、新入社員たちは、最初こそ少し緊張している様子でしたが、驚くほど飲み込みが早く、鋸(のこ)や鍬(くわ)など道具の使い方もすぐに覚え、他のメンバーと協力して積極的に作業に取り組んでくれました。
その甲斐もあり、今回は階段を10段も増設でき、2本のクリノキを日当たりの良い場所に植樹できました。
ちなみに、前回の活動で植樹したイロハモミジは、無事に根付いているようで一安心。これらの木は、これからぐんぐん成長してリーモデールの森にしっかりと根をはり、土砂災害低減に寄与してくれると思います。
また活動終盤では、新入社員同士の間だけでなく、新入社員と先輩社員との間にも一体感が芽生えており、皆、達成感いっぱいの笑顔があふれていました。今年も頼もしい新入社員を迎えることができ、うれしく思います。
これからも当社は、森づくり活動を通じて、六甲山系の土砂災害低減に寄与し、地域社会に貢献してまいります。

第5回リーモ・デールの森づくり活動

環境保全第2回ケニア共和国 リーモ・デールの森づくり活動(2015年11月28日)

六甲山系とともに、今年もケニアで森づくり活動が着実に進んでいます。
今回は、エンブ県マキマ地区にある日本eリモデルの森に、1000本のムカウ樹と100本の竹などを植樹しました。
ところで、ケニア共和国は、森林面積が6%ほどで(ちなみに日本は約70%)、年々砂漠化が進んでいます。砂漠化は、地球温暖化を促進させるだけでなく、農地面積を減少させて食糧を不足させ、飢餓や貧困も招きます。
このような状況に心を痛めたケニア人女性、ワンガリ・マータイさん(環境分野で初のノーベル平和賞を受賞)は、1977年からグリーンベルト運動という植林活動を始められました。この活動は、たった7本の木を植えることからスタートしたにもかかわらず、これまでにケニアをはじめとするアフリカ大陸全土で約5100万本以上もの木を植える壮大なものへと発展しています。
リーモデールの森づくりも、少しずつでも活動を継続することで、グリーンベルト運動のように環境破壊の食い止めに大きく貢献し、ケニアの人々、ひいては世界中の人々のお役に立てると信じています。
日本eリモデルでは、今後も世界中の人々の「いいくらし」の実現に向けた活動を継続してまいります。

ワンガリ・マータイさんについてはこちら

第3回リーモ・デールの森づくり活動

環境保全第4回リーモ・デールの森づくり活動(2015年11月11日)

2015年11月11日(水)に、第4回目の森づくり活動を実施してきました。
今回も、まずは現地の草刈りの後、植樹と前回に引き続き階段づくりを行いました。
4回目ともなると、これまでの参加経験者はだいぶ手慣れてきます。
鎌(かま)や鍬(くわ)の使用方法を初参加者へレクチャーしつつ、あっという間に下草刈りを完了させることができました。
その後、下草刈りした中から日当たりの良い場所を見つけて、2本のイロハモミジを大切に植えつけました。六甲山系の土砂災害軽減に少しでも貢献できるよう、立派に育ってもらいたいと思います。
また、階段作りでも、参加経験者と初参加者が一体となって持前のチームワークを発揮することで、階段の材料となる常緑樹の伐採や切断、鍬を使った地面均し、伐採木で作られた杭を使った階段のステップ部分の固定などを手際よく進めていくことができました。
日本eリモデルでは、これからも継続的に活動してまいります。
今回植えたイロハモミジの成長を含め、これからも日本eリモデルの森作りを楽しみにしてください。

第3回リーモ・デールの森づくり活動

環境保全第3回リーモ・デールの森づくり活動(2015年4月15日)

2015年4月15日(水)に、社員7名で第3回目の森づくり活動を実施してきました。
今回のテーマは階段作り!
いつものように下草を刈り、いよいよ階段作りの開始です。階段作りをする斜面を決めて、下から順番に作っていきます。
まずは切り倒した木を約1メートルくらいに切り、階段のステップを作ります。
その間に別の班は細い木で杭作り。直径6~7センチの木を30㎝ほどに切り、先端を鉛筆削りの要領で削ると杭が出来上がります。
そして、階段をつくる斜面に鍬(クワ)でくぼみをつけ、くぼみをつけたところに1メートル幅に切った木をしっかり置きます。そして、木がずれないように杭を二か所打ち付けたら1段完成です。
階段の部分を平らにならし、次の段を再び同じ要領で全部で5段作りました!
次回の活動は11月頃を予定しています。これからも日本eリモデルの森づくり、楽しみにしてください。

第3回リーモ・デールの森づくり活動

環境保全第2回リーモ・デールの森づくり活動(2014年11月19日)

2014年11月19日(水)に、社員8名で第2回目の森づくり活動を実施してきました。
六甲山系の「リーモ・デールの森」予定地にて、今回も下草を刈る作業から開始し、常緑樹の伐採、そして今回も2本のヤマザクラの苗木を植樹してまいりました。
前回植樹した苗木3本も、倒れずに頑張って育っていました。これから寒い冬を迎えますが、周りの木々に守られながらもしっかりと育ってほしいです。

第2回リーモ・デールの森づくり活動

環境保全ケニア共和国 リーモ・デールの森づくり(2014年10月18日)

「リーモ・デールの森」がいよいよケニアにも作られることになりました!
2014年10月18日(土)に、ケニア共和国マキマ地区にある孤児院「JUMP&SMILE」の敷地内に、森づくりが始まりました。
マキマのように乾燥した土地では、雨が降るたびに道路が川のようになり感染症などの健康リスクが高まります。森づくりを進めることで、洪水を防ぎ、健康被害を減少させることができます。また森の豊かな恵みは薪炭材や家畜飼料などとなり、農業生産環境や住民の生活環境を改善します。
当社では、これからもさまざまな土地で森づくりを進めてまいりたいと思います。

ケニア共和国 リーモ・デールの森づくり

環境保全第1回リーモ・デールの森づくり活動(2014年4月16日)

2014年4月16日(水)に、社員8名で第1回目の森づくりを実施してきました。

今回は林内の整理と3本の木の植樹が目的です。
六甲山系はもともと土砂災害が起こりやすい地域であり、
土砂災害の防止のための森林づくりを「六甲砂防事務所」が主体となって行っていらっしゃいます。
当社は「森の世話人」募集の呼びかけに応じ、リーモ・デールの森づくりのお手伝いを行うことにいたしました。

『六甲砂防事務所』当社の活動報告ページ

第1回リーモ・デールの森づくり活動(2014年4月16日)

今回は、総勢8名でいずれ森となる5/1ほどのエリアの下草を刈りとり、常緑樹を伐採し、
落葉樹の苗木3本(コナラ、ヤマザクラ)を植樹してまいりました。
山の斜面を整地し、落葉樹を植えることで、土砂災害を防ぐ森づくりができるのです。
いずれ、リーモ・デールの森が大きく育ち、神戸の街を人々を土砂災害から守り、
緑豊かな環境づくりの一端を担うことができたらと願い、活動してまいります。

これからも当社では、この企業理念である三つのeを大切に、社会に貢献できる企業として頑張ってまいります。
よろしくお願いいたします。

  • メディア掲載情報
  • 期間限定リフォームキャンペーン
  • リフォームでJALのマイルが貯まる!
  • お客様からのお便り
  • 社会貢献活動
  • 5つの安心
  • 取り組み
  • お客様専用ダイヤル(0120-49-6122)
  • お客様相談窓口(0120-47-6122)
  • お問合せ・ご相談
  • ボランティア・寄付ならプラン・ジャパン

    日本eリモデル株式会社は、国際NGOプラン・ジャパンを通じて エルサルバドルの衛生環境を改善するプロジェクトを支援しています。

    プロジェクト支援報告はこちら

このページの上へ行く